夏季特別展Ⅰ

6月8日(土) - 7月15日(月)

謎の蒔絵師 永田友治(ながた ゆうじ)
―尾形光琳の後継者を名のった男(仮称)

展覧会予告

開催予定の展覧会に関する情報ですので、ご注意ください。

永田友治(生没不詳)は、江戸時代の中期、正徳・享保年間(1711 ~ 1736)ころ京都で活躍した琳派の蒔絵師と伝えられていますが、その実像ははっきりとしていませんでした。それでも彼の作品は、尾形光琳風の意匠に倣い、独特の緑色系の青漆や、友治上げと呼ばれる錫粉を使った高蒔絵を用いる独創的なもので、漆工芸史上に異彩を放っています。彼はまた、光琳の使用した「方祝」の円印や、光琳の号「青々」に「子」を加えた「青々子」号を使用するなど、尾形光琳の後継を強く意識した名を作品に残しているのです。
近年、治研究家による調査により、江戸時代から昭和に亘る系譜が浮かび上がり、特に江戸中期に京都と大坂を拠点として活動した初代友治から、禁裏蒔絵師として名を残す三代までの活動がおぼろげながら見えてきました。
今展はこれを機会に永田友治の作品を集め、友治がめざしたもの、そして彼の作品の魅力や秘密について、科学分析による研究成果も交えて紹介し、謎の多い永田友治にせまる初めての展覧会です。

※友治の「友」は、「友」の右上に「ヽ」

基本情報

会期
2019年6月8日 - 2019年7月15日
開館時間
午前10時~午後5時 (入館は午後4時まで)
休館日
月曜日

主な展示